健診代行サービスをうまく利用するコツを教えます

会社員になると定期的に健康診断を受けることが義務とされていますが、これは会社の保険組合が主導となって行っています。一般的には会社が指定した医療機関に社員が行くことにより、採血やバリウムによる検査を行って健康状態を確認することを目的としています。大企業となるとほとんどの場所で実施されていますが、一定の年齢を超えると人間ドッグやがん検診などもプラスされていくため、健診を終えるのに時間や手間がかかってしまう特徴がありました。そこで注目されているのが健診代行サービスを利用する方法です。こういった企業の保険組合が行っている業務を代行して行うサービスであり、健診案内をはじめ予約受付、手配と検診結果の回収まで事務的な業務を変わりに行ってくれるので、企業側としては健診のアウトソージングを行うことが可能になります。

様々な種類が特徴のサービス内容をチェック

健康診断を変わりに行ってくれるサービス請負会社は近年増えてきており、健康保険組合のアウトソーサーとして専門的に営業していることもあるほどだとされています。サービス内容としては、健康診断の結果をオンライン上で閲覧することが出来たり、結果の見方を案内してくれる場合もあります。健康に付いての情報を発信する啓発サイトを運営している会社もあるなど、会社によって利用することができるサービス内容は異なってくると言われています。健康診断データに基づいて、パーソナライズしたサービスを案内してもらうことが出来たり、企業の退職者向けの健康管理サポートを行う会社も登場するなど、大企業からの需要はどんどん増加しているため、今後更に発展した様々なサービスを利用することができる可能性が高くなります。

このサービスのメリットとデメリット

健康診断の代行サービスを行うことは豊富なメリットがあるといわれています。企業側にとって、医療機関との調整や予約をはじめとした、結果表の入力などのデータ情報の管理は、健康診断を受ける社員が多ければ多いほど事務作業が増えてしまう恐れがありました。しかしこのサービスを利用することで、事務的な業務を減らして本来の業務に集中することが可能なメリットを持っています。従来健康診断の手続きに必要とされてきた人員を他の業務へ回すことができるので、健康診断を受ける個人にとっても大きなメリットが得られることがわかっているのです。デメリットとしては、外部委託を依頼することによって費用がある程度かかってしまうことにあります。代行費用とは別に初期費用や業務管理費用、未受診の社員に催促をするサービスなどもあるので、オプション料金としてある程度の費用がかかることを想定しておく必要があります。