健診代行サービスのメリット・デメリット

企業に勤めているサラリーマンは、年に1度は定期健診があります。それは、病気などの異常を早期発見することが目的としたものであり、年に1回以上行うことを企業に義務化しているためです。ただしこれは企業にとっては、手間のかかる作業となっています。企業が指定した医療機関へ社員を出向かせて、採血やバリウムなどにより健康状態を確認していきます。また一定の年齢を超えると今度は人間ドックやガン検診も加わってくるため、さらに手間がかかります。そうした、背景から登場したのが健診代行サービスです。このサービスは前述で挙げた手間のかかる作業を代行してくれますので、企業にとっては役立つものになります。こうしたサービスがあることをまだ知らない方もいらっしゃいますので、これからこのサービスを利用するメリット及びデメリットを挙げていきます。

利用するとどのようなメリットがあるのか

このサービスを利用すると企業側では、代行サービス会社に依頼するだけで健診に関する全ての業務をカットできるので、本来の業務に集中することができるようになるメリットがあります。企業側からすれば、医療機関との調整や予約さらには結果表の入力や労基データの作成などとにかくやることが盛り沢山な業務を代行サービス会社に全て丸投げすることができますので、本来の業務に専念できます。また、健診に関する業務のクオリティが上がることもメリットに挙げられます。素人ではなくベテランがきちんと診てくれますので安心して一任できます。そしてどうすべきなのかプランニングもしてくれるため、身体の状態に見合った今後のことを考えてくれるサポートにもなってくれます。主にこうした2つのメリットがあります。

利用することでどのようなデメリットがあるのか

その一方で利用することでのデメリットは、企業負担が重くなることです。それは本来のすべき業務を外部に委託することになりますので、その分の費用負担をしなければいけなくなります。そして、初期費用や業務管理費用などの費用もかかってきます。それ以外にも、未受診の社員に対して催促するサービスもあって、こちらを利用する場合にももちろん費用がかかります。以上のように費用が相当かかるのがデメリットになります。他のデメリットは、社員に関する個人情報を管理してもらうことになりますので、悪質な所に依頼してしまうとその情報を悪用されてしまうリスクがあります。信頼できるかどうか充分にリサーチした上で依頼しなければ、後々トラブルの原因になりかねません。企業側が本当に信頼できるかどうかを見極めなくてはいけませんので、そうした手間がかかります。